シルデナフィル発見 | 男のコンプレックスは薬で治す!バイアグラの効能について

男のコンプレックスは薬で治す!バイアグラの効能について

薬

シルデナフィル発見

1998年の実験

世の中には、病気を治療するための薬を開発する仕事をしている製薬会社というものが存在している。世界中にそういう会社はあって、さまざまな病気を根絶せしめている。
昔は死の病であった結核も、ペニシリンの発明によって、そしてそれを薬として完成させる事業によって、治療可能な病気となった。
そして、ある研究者がカビの研究を始めたことからペニシリンを生み出したように、薬の開発とは時に、ひょんなことから成功する。バイアグラも、そんな薬のひとつだった。ある製薬会社が1998年に行っていた研究の中で、ひょんなことから発見されたのだ。
その頃、アメリカにある製薬会社ファイザー社は、狭心症の薬を開発するためにさまざまな実験を行っていた。
心臓付近の血管に異常が現れるこの病気を治すために、血管を拡張させて血液がきちんと流れるようにする効果を持つ薬の開発が、進められていたのである。
その薬の主成分はシルデナフィル。

臨床試験の結果

薬の開発は、成分開発や配合調整などが行われたあと、人の体で実験する「治験」によって最終的な効果のほどを確かめることになっている。
商品として売り出すには、人に対して効果があることがハッキリしないことには、どうしようもない。
バイアグラもまた、まだその名こそなかったが、狭心症の実験薬として臨床試験を迎えていた。
結果から言えば、シルデナフィルを主成分とするバイアグラは狭心症に対してはさほどの効果を上げることが出来なかった。研究者たちは落胆した。
そして、薬を飲んでくれた治験の参加者たちに、余った薬を返却して欲しいと言った。しかし、なぜか彼らはバイアグラを返すのを渋ったのだ。
「なぜ返してくれないんですか?」と研究員が聞くが、男性の参加者は顔を赤らめたりしてなかなか理由を言わない。何だコイツは……と思ったとき、彼はようやく理由を口にした。
「この薬(バイアグラ)を飲むと、勃たなかったアレが勃つようになったのです」と。
嘘みたいな話だが、これがバイアグラが発見された瞬間である。まさに「棚ボタ」的な出来事によって、バイアグラは生まれたのだった。

Copyright (c) 2015 男のコンプレックスは薬で治す!バイアグラの効能について all reserved.