ED改善の仕組み | 男のコンプレックスは薬で治す!バイアグラの効能について

男のコンプレックスは薬で治す!バイアグラの効能について

薬

ED改善の仕組み

勃起の不全

PDE5という酵素がある。「酵素」とは、さまざまな栄養分を人間の体に実際に作用させるときに効果を発揮する成分で、人が息をするのも、心臓が鼓動を打つのも、すべてはさまざまな酵素のおかげである。
トリガーのようなものだと考えてもらって間違いはない。
PDE5という酵素は、勃起を終わらせるためのトリガーとなるものである。男性器が勃起して、その役割を果たしたあとで元通りにしぼんでしまうのは、決して体力を消耗したとか何とか、そういうことではないのだ。
脳が「もう勃起は良かろう」と判断して、PDE5を動員して拡張していた男性器の血管を通常の太さに戻すのである。
PDE5は、ふだんはこのようにして脳からの指令に従うが、まれにそれに従わず、暴走するPDE5もある。
勃起が必要なのにしゃしゃり出てきて、血管が拡張し血液を流入させるのを防ぎ、いつまでたっても勃たないような男性器にしてしまうのだ。

バイアグラの働き

バイアグラに含まれる主成分、シルデナフィルはもともと、血管を広げる「拡張剤」としての働きを持っているが、それが特に男性器に対して効果を持つことが分かっている。
バイアグラは、シルデナフィルによって、始まってもいないのに終わらせようとするPDE5に対抗して、血管を拡張させるのである。
血管が拡張すると、そこに大量の血液が流入し、それによって男性器を構成している海綿体が膨らむ。それが、硬く太くたくましい勃起を導くのだ。
バイアグラには、このような効能がある。
「エッチするための薬」などという見方がなされることがあるが、厳密に言えばそうではない。バイアグラは科学的、医学的なメカニズムによって体の機能を正常にする効果を持った、理路整然とした薬なのだ。

Copyright (c) 2015 男のコンプレックスは薬で治す!バイアグラの効能について all reserved.